Fujica V2 レストア開始

Posted on | 10月 24, 2011 | 4 Comments

この記事は 3分19秒程度で読めます。

週末の夜、息子が寝てからの作業だからマイペースだが、Fujica V2のレストアを開始した。

  • レンズに少しカビあり
  • ファインダー二重像は問題なく、右端の絞り値表示エリアに少しカビあり
  • 裏蓋側、フィルム室側ともにモルトが劣化しすぎて、そこにあったのがわかるという位無くなっている
  • ファインダー外側のプラ板が二つに割れている
  • 揺らすと巻き戻しクランクのあたりでカラカラと音がする。

結構、症状が多いので時間が掛かりそうだ。

■レンズ清掃

この行程は写真を撮るのを忘れていた(^^;;

鏡胴の外し方が分からなかったので、前玉から順番にアクセスした。

前玉はカビが結構生えていたので、カビキラー洗浄後に無水アルコールで掃除。
若干カビ後が残った(光にかざして何となくそうかな?という位)が、キレイになった。
カビが取れて気付いたが、小さな傷が2本ほどあった。これも問題なし。

中玉は無水アルコールで拭いただけでキレイになった。

後玉は絞り開放でシャッタースピードをBに設定し、シャッター開けっ放しで前後から綿棒でアルコール掃除した。これでほぼ問題は無くなった。

■ファインダー補修

 
軍艦部カバーを外して、ファインダー光学ユニットを取り外したところ。
3つある窓の内、真ん中の窓部分で2つに割れている。

割れている板を取り外したところ。プラではなくガラスだった。
一緒に写っている金属のプレートで押さえてある。
ガラスの方が良いのだが、プラで置換える事にした。

プラモ屋では透明プラ板は0.3mmまでしか無かったので、透明度の高いCDケースを流用した。

Pカッターで大まかな形に切り出し、やすりで整えほぼ同じ形にした。
スリガラス部分は耐水ペーパーでこすって曇らせた。
マスキングミスで少し位置がずれたが問題はなさそう。
この窓は絞り表示の針と、シャッタースピード透過表示の採光窓のようなので、特に問題はなさそうだ。

絞り値の記載されている透過ミラーが外れていたので、アルコール掃除した後、元に戻した。

■モルト張り替え

このカメラはモルトが粘り気を通り越してカリカリになっていた。
すべてこそぎ落として無水アルコールで掃除するときれいになった。

モルトは100円ショップで購入した「書道用下敷き」。
これに両面テープを貼り、幅に合わせて切り出したものをはった。
溝の中にあるモルトは黒色の毛糸で代用した。 溝に点々とゴム系ボンドを塗って、毛糸を埋め込むでいくだけなので簡単だ。

こんな感じになる。
使ったのは6mm幅くらいなので、100円で相当な台数レストアできるのでおすすめだ。

本体の受け側にある溝も同様に、前のモルトかすを掃除した後、溝に接着剤を若干塗って黒色の毛糸を埋め込んだ。

フタを締めてみると、若干キツメではあるがしっかりと封印出来ている。

この週末はここまでの作業となった。
組み付ければ動くとは思うのだが、気になる「カラカラ音」の項目だけが残っている。

軍艦でもなく、底フタでもなく、裏蓋でも無かった。
おそらく、レンズシャッター辺りだと思われるので、レンズ鏡胴の取り外し方を調べて、見てみようと思う。

追加作業として、レンズのピント調整と、ファインダー二重像の調整があった。
次回はこの辺も合わせて進めようと思う。

あわせて読みたい関連記事:

    ハーフサイズのカメラに興味があって、ヤフオクでCanon DEMI EE17をずっと探していた。ジャンクで品でも落札間際に高騰してなかなか落札できないでいた。先…

    オリンパスPEN Sを物色しにカメラのナニワ 心斎橋本店へ行った。残念ながらPEN Sはよい物がなかったので、いつものようにジャンク箱を漁ってみたらFujica…

    EOS Kiss Digital Nのファインダーは見難く、MFでのピント合わせは至難の業だ。その改善にフォーカシングスクリーンをスプリットマイクロへ交換したの…

    メインカメラになりつつあるCanon7ですが、不具合が見つかった。1/500秒、1/1000秒でシャッタータイミングが合っていないようだ。上画像の右側に筋が入っ…

    Canon EOS Kiss Digital NCarl Zeiss Jena Flektogon35mm f2.8DSLR+オールドレンズで写真を楽しんでいる…

Comments

4 Responses to “Fujica V2 レストア開始”

  1. SEINO
    10月 24th, 2011 @ 6:45 PM

    いいですね、V2。
    私も出物が有れば欲しいカメラです。
    35-SEは、分解したことがありますが、V2は触ったことが無いのでどこがどうなのかちょっと予想がつきませんね。
    参考までにうちのブログの35-SEの記事はこちらです。
    http://pronto.blog.shinobi.jp/Entry/445/

  2. たけ
    10月 24th, 2011 @ 11:20 PM

    SEINOさん

    中古屋で見かけた時はそうも思わなかったのですが、触って色々調べてみると評価が高いカメラなので驚いています。

    今のところ、駆動部分は特に問題もなさそうなので、レストアというレベルではなく、簡単なメンテナンスでいけそうです。

    上手く行ったら写真も公開しますね。

    35-SE記事ありがとうございます。
    レンズ外すところは同じやり方でいけるかもしれませんね。
    一度試してみます。

  3. ふくいのりすけ
    10月 31st, 2011 @ 11:32 PM

    凄い!
    ボクはレンズのレストアしかしたことないので
    カメラ本体出来るの尊敬です!
    いや、マヂで(笑)

  4. たけ
    10月 31st, 2011 @ 11:50 PM

    ふくいのりすけさん

    Webで検索すれば先人の記録があるので、それを参考にやってみました。
    レンズすらレストアした事なかったので緊張しましたが、なんとか復活しました(^^)

Leave a Reply





  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最新のコメント

  • SDA王滝(仮)

    SDA王滝2015年9月大会まであと
  • 購読