リバーサルフィルム初挑戦

Posted on | 12月 14, 2011 | 2 Comments

この記事は 1分25秒程度で読めます。

sky&trees

Canon 7 , Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5
FUJICHROME PROVIA 100F

Canon7でネガにも慣れてきたのでリバーサルフィルムに挑戦!
ラティチュードが狭いと言われているけど、実際どんなものか?

Canon7の露出計は余り信用できないので、早見表と勘を頼りに露出を決定した。現像後確認するとアンダー過ぎやオーバー過ぎで復活できない画像が多く、24枚中良いのは5枚程度。この辺は情報通りだ。

上の木のように適正だと、とても良い色が出ているし粒状感もネガの比ではなく、きめ細かな写真になっている。 空の蒼とかはルーペで見たとき「こんなに綺麗に出るものか」と感動した。

松屋町
すこし青みがかっているけど、個人的にはとても好みな色だ。
描写も問題無く、細かいところまでしっかり写し取っている。

露出がバッチリきまると、とても良い画質が撮れるけどやっぱり難しいね。
半分位は適正露出出せるようになりたいのだが、クラシックカメラでリバーサルというのは外部露出計が必要なのかな?

気になる費用面も、普段行くナニワではポジの現像が安いのであまり負担も増えない。
上達のために今後は積極的にリバーサルを使ってゆきたい。

諸先輩方には当たり前の事だと思うが、とても新鮮だったので、この発見を記録として残したい。

あわせて読みたい関連記事:

    Pentax SMC Takumar 55mm/f1.8, Canon EOS Kiss Digital N会社からの帰りに御堂筋のライトアップを見てきました。…

    今家族が帰省していて一人なのだけど、あまり自分の事が出来ていない。 気分的にノンビリできているけど満たされない。 そんな感じで悶々としていました。 趣味の活動…

    前から探していたCanon7のオプションパーツをゲットできました。ライカM用のM-GRIPと純正アクセサリーシューです。MーGRIPがCanon7に付けられるの…

    Canon7はシャッター修理の必要性が出てきたので、交代要員としてCanon Pを使う事にした。本体はジャンクで買ってメンテ済み。キャノンメーターは不動であった…

    「LEDライトセーバー」というものをネットで見かけた。ブツ撮りの際に真っ暗の室内で30秒とか長時間露出して、この面光源で四方八方からまんべんなく光を当てると、影…

Comments

2 Responses to “リバーサルフィルム初挑戦”

  1. SEINO
    12月 18th, 2011 @ 10:25 AM

    うちにはミニラボ機があるので、ネガばっかり使っていまして、ポジはもう何年も使ってない気がします。
    でもポジはいいですね。
    ただやっぱりラチチュードは狭いですから難しいですよね。
    フルオートの一眼レフでも狙った露出からずれてしまうことも度々ですから、古いカメラではなおさらと思います。
    でもそこが楽しいかも。
    その対策は、手動ブラケットでしょうか。
    露出を変えてなんコマか撮れば、いいのが撮れる確率も上がると思います。
    ただし、フィルムは消費しますが…

  2. たけ
    12月 18th, 2011 @ 10:35 PM

    SEINOさんコメントありがとうございます。

    本職さんはミニラボ機あるのでいいですね。ネガばかりになるの分かります。

    ポジは思った以上に良かったです。
    難しいですけど、その分きまればとても綺麗なので嬉しいですね(^^)

    手動ブラケットはチョコチョコやっていますが、コストを気にしてしまいますね。
    最近はEOSで先に撮って露出を参考にしています。

    それでも1/80とか出て、1/60か1/125か迷うこともしばしばです(^^;;

Leave a Reply





  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最新のコメント

  • SDA王滝(仮)

    SDA王滝2015年9月大会まであと
  • 購読