K10Dフォーカスエイドを調整(追記あり)

Posted on | 4月 4, 2012 | 10 Comments

この記事は 3分30秒程度で読めます。

7040467697_b16ae2b1c5
PENTAX K10D
Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8

昨日の大雨・暴風は凄かったですね。まさに春の嵐ですね。
この写真は朝、まだ小雨のうちに撮影した桜です。風で散る前に見つけて良かったです。

あんな天気でしたので写真もあまり撮れず、K10Dのピント確認を行っていました。

※文章だけで分かりづらかったので、画像を付けて修正しました。

Takumar 300mmで鳥を撮影したときに、フォーカスエイドの合焦と実際に撮れた写真でピントがずれている気がしました。 調べてみると、この機種はデバッグモードでAF調整が出来るようなのでやってみました。

以下の手順で行いました。

(1)MODSET.TXTの作成
パソコンで「MODTEST.TXT」というテキストファイルを新規作成します。
内容は以下を入力して保存します。

 [OPEN_DEBUG_MENU](改行)

(改行)はEnterキーで普通に改行を入れます。

(2)ファイルコピー
1で作ったTXTファイルをSDカードにコピーします。
ルートカードのルート、つまりSDを開いた直下に置きます。

(3)電源ON
K10Dに先ほどのSDを挿入して、SDカードスロットのフタを閉めずに電源をONにします。

(4)うらメニュー起動
「うらメニュー1」という画面が起動します。
いくつか項目がある内の「DEBUG MODE」という項目をからに変更します。
Exif_JPEG_PICTURE
変更したら、SDカードのフタを閉めてからOKボタンを押します。

(5)デバッグモード
OKを押すと液晶が消えます。この状態で電源をOFF→ONなどすると、液晶に「Debug Mode」表示が現れ、デバッグモードと分かります。
Exif_JPEG_PICTURE

(6)AFテストメニュー
MENUキーを押し、[詳細設定画面]の下部に「AFテスト」という項目が現れます。
Exif_JPEG_PICTURE
ここに入ってAF調整を行います。

(7)AFピント位置調整
Exif_JPEG_PICTURE
この画面の表示や設定項目は以下の3点です。

AF Area Test
0のまま触らない。詳細は不明。フォーカスエリア毎の調整か?
画面中段[*um]表示
現在のピント設定値。
+方向でAF位置が手前に、-方向で奥に調整されています。
Focus Corr
今回設定値から移動させる量。1回につき、+-ともに100まで移動させられます。
この写真で言うと、「+120から+30したい」つまり+150に設定するという事です。今回は「ピピッ」となった位置で撮影して、後ピンでしたので+側に調整しました。
設定→試し撮りを繰り返して追い込みますが、レンズ毎に異なるようなので、ある程度で妥協した方が良さそうです。
(8)通常モードへ
電源OFF→ONでうらメニューが起動します。
「DEBUG MODE」をに戻して完了です。

何度かこの工程を繰り返し、設定を追い込んだものが以下の写真です。
真ん中の文章を狙い、フォーカスエイドで合焦サインが出たときに撮ったものです。

IMGP8144

あとはファインダーとセンサーが5°ほど傾いているのが気になりますが、この機種の持病みたいなので諦めるしかないですね。

次の鳥撮影が楽しみです(^^)

あわせて読みたい関連記事:

    IMGP1269

      暑い日が続いたと思えば、今度は台風と鬱陶しい毎日ですね。 沖縄で撮影していた上記の写真ですがピントがおかしいです。背景のホテルに合焦させたはずな…

    7080286379_7241bda302

    PENTAX K10D Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8 会社で銀塩写真を普及すべく、取り組んでいる非公式写真部の第1回…

    -IMGP2143

    コンデジのM42改造やってみました。 ヤフオクでEXILIM FC-150のジャンク品を購入し、分解して調整したところ完全な良品になってしまいました。これは勿…

    6898974556_35473c1270

    PENTAX K10D Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm f2.8 本格的に写真・カメラを初めて、初の春です。 ボチボチ桜が咲き始…

    Prinzflex 28mm/f2.8だが、無限遠でピントが甘く、パンフォーカスだとさらに甘くて敬遠していた。先日のエントリ「大阪ミナミ散策」でいっぱい撮った後…

Comments

10 Responses to “K10Dフォーカスエイドを調整(追記あり)”

  1. ふくいのりすけ
    4月 4th, 2012 @ 3:51 PM

    おお!こうやって調整するのですね(^^
    参考になります~

  2. SEINO
    4月 4th, 2012 @ 10:33 PM

    なるほど、面白いですね。
    隠しコマンドとか見つけると、楽しいですよね。
    いろんなデジカメでやってみたくなります。
    話はそこでなく、設定がうまく行って、撮影がより楽しくなりますね。

  3. たけ
    4月 5th, 2012 @ 1:40 AM

    >ふくいのりすけさん
    K10Dは裏メニューですが、K20Dでは通常のメニューに組み込まれた機能です。

    スクリーン、CCDセンサー、フォーカスエイドとずれる要素が3つもあると結構面倒ですが、綺麗に合わせると気持ちが良いです(^-^)

  4. たけ
    4月 5th, 2012 @ 1:43 AM

    >SEINOさん
    これ、初めに見つけた人は凄いと思います。
    昔のゲームで良くあった裏技みたいで、面白いですね。

    合焦音と撮影画像のずれは、結構ストレスたまるので今後はスッキリと使えます(^-^)

  5. Waka.K
    6月 7th, 2014 @ 7:54 PM

    どうも、

    自分も中古のK10DでしてAFレンズでも微妙にピントが来なかったもんですから参考にさせてもらいました。

    前より全然ピントが良くなりました。
    ありがとうございました。

    でも、持病は無いほうが良いですよね(笑)。

  6. たけ
    6月 7th, 2014 @ 8:02 PM

    Waka.K さま

    コメントありがとうございます。
    拙ブログがお役に立てたようで嬉しいです。

    K10DはAFレンズで絞りが効かなくなり、K-3へ移行しましたがMF専用サブ機として活用しています。
    本当に良いカメラですよね(^-^)

    持病は頂けませんね…

  7. Waka.K
    6月 7th, 2014 @ 9:47 PM

    たけ さま

    どうもありがとうございます。

    ちなみに私のPENTAXのメインは、K-5です。
    買ったカメラは処分できないたちなので古いのも残っています。

    K10Dは、CCD・ペンタプリズムが気にいってときたま使っていたのですが、ピントが微妙だったのでこんなもんかと思っていました。
    後は風景撮影して確認してみます。

    それにしても、中古はリスクがありますね。
    4年以上過ぎてからの調整なのでピンボケ量産マシーンです(笑)。

  8. たけ
    6月 7th, 2014 @ 10:25 PM

    Waka.Kさま

    返信ありがとうございます。

    処分できない点は僕も同じです(^^;;
    ピント調整範囲で収まれば良いですね。

    僕はフォーカスエイドでMFですが、エイドとピントがガッチリあうと気持ちいいですよ(^-^)

  9. Waka.K
    6月 8th, 2014 @ 3:03 PM

    たけ さま

    どうも、

    本日晴れ間を利用して撮影してみました。
    ピントはこれで十分でした。
    調整はうまくいったようです。

    使用レンズは、SIGMA18~50mmF2.8EX DCです(初代です)。

    ただ本体の測光のくせで広角側で空を入れると結構アンダー目になりますね。

    久しぶりの撮影なので癖がわからなくなっています(笑)。

    もしかしたらSIGMAレンズのからみもあるかも・・・。

    それでは。

  10. たけ
    6月 8th, 2014 @ 5:38 PM

    Waka.Kさま

    こんにちは。

    ピント十分に調整できたようで良かったです。
    これでまたK10Dを活用できますね(^^)

Leave a Reply





  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最新のコメント

  • SDA王滝(仮)

    SDA王滝2015年9月大会まであと
  • 購読