フィルムカメラで撮る!大阪ミナミ路地巡りツアー(3)

Posted on | 4月 24, 2012 | 6 Comments

この記事は 1分35秒程度で読めます。

paper lantern

ミナミ路地巡りの時にK10D+Flektogon 35mm f2.8で撮影した画像です。
「フィルムカメラで撮る!」といいながら、デジタルの方が多かったりします(笑)
暇が無くてスキャン後のゴミ取りがなかなかできません(T-T) こんな時にはデジタルはありがたいですね。

以下は関連記事ですのでよかったらご覧下さい。

フィルムカメラで撮る!大阪ミナミ路地巡りツアー(1)
フィルムカメラで撮る!大阪ミナミ路地巡りツアー(2)
OLYMPUS-PEN D3で撮る!大阪ミナミ路地


1枚目の「西村」さんは、メチャクチャ狭い路地にて営業されている、とても気になる飲み屋さんです。
この辺は個人の名字が店名というのが多いです。しかも美味そうな雰囲気が出ています。

Hospital
耳鼻科の看板の上になぜか貼り付いている象さん。
「大きな耳・長い鼻」ということでマスコットでしょうか?

adult alley
大人の街。ミナミといえばこれも特徴的ですね。

Sign
がんこではなく、上の年期が入った看板に惹かれました。

no parking
言わんでも分かるくらいの主張。

Trash
こういうゴミ捨て場って、見なくなりました。

Dead-end
壁の煤けは、そこに時間の流れを感じさせるので好きですね。

画像見てたら、また路地行きたくなってきました。
5月のGWは帰省予定なので、普段撮らないものが狙えるかなと考えています。
持参するカメラ・機材の選定を行わねば…(^^;;

あわせて読みたい関連記事:

Comments

6 Responses to “フィルムカメラで撮る!大阪ミナミ路地巡りツアー(3)”

  1. ken
    4月 25th, 2012 @ 7:42 AM

    おはようございます。
    >スキャン後のゴミ取りがなかなかできません(T-T) 
    土曜日通り抜けをフィルム645で撮影しましたがデジカメコピーなのでガラスを使わずにすむのでブロアーで吹いただけでゴミ取りレタッチはしてません。
    複写の場合コントラストが上がるのでコントラストを下げてRAW現像されればばっちりですよ。

  2. たけ
    4月 25th, 2012 @ 9:38 AM

    おはようございます。

    >ブロアーで吹いただけでゴミ取りレタッチはしてません。
    デジカメ複写は早くて良いですね。

    僕も色々試したのですが、ライトボックスを持っていないので、ムラのない面光源が確保出来なくて上手くいってません。

    LEDライトとトレーシングペーパーでそれっぽいの作ったりして見ましたが、満足いくものにはなりませんでした。

    まずライトボックスを確保するところからですね(^^;;

  3. SEINO
    4月 25th, 2012 @ 9:25 PM

    フィルムは、ラボにスキャンに出した方が安上がりかもしれませんよ。
    参考までに、うちでは135はもちろんですが、120(6X9,6X7,6X6,6X45)、240(APS)、110、等にも対応しています。
    フィルムからのプリントに対応しているミニラボ店ならやってくれると思いますが。
    同時プリントならぬ同時スキャンでやってもらうのもいいかも。

  4. たけ
    4月 26th, 2012 @ 10:13 AM

    情報ありがとうございます。

    僕がよく行くお店のスキャンは解像度が低く、外注で時間も掛かるので使っていません。
    同時スキャンで即日仕上げのお店があれば、出してみようと思います。

  5. ふくいのりすけ
    4月 26th, 2012 @ 5:19 PM

    スキャンのゴミ取りは
    ボクはCapture NX2でやってます。
    このソフトはネガ現像には結構良いと思います。
    かなり愛用してます。

  6. たけ
    4月 27th, 2012 @ 2:17 AM

    ありがとうございます。

    CaptureNX2いいですね。
    自動レタッチブラシが便利そうです。今はGIMPでポチポチとレタッチしています。
    だいぶ上手くなってきましたが結構面倒ですので、今後ふぃりむ頻度が増えると導入も考えないといけませんね。

Leave a Reply





  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最新のコメント

  • SDA王滝(仮)

    SDA王滝2015年9月大会まであと
  • 購読