Super Wide Heliar 15mm/f4.5で撮る沖縄

Posted on | 7月 28, 2012 | 4 Comments

この記事は 2分29秒程度で読めます。

背中

Leica CL & Voigtlaender Super Wide Heliar 15mm/f4.5
Fujichrome Velvia 100F

沖縄一週間滞在を終え、先日大阪に帰って来ましたが、忙しくなかなか写真スキャンができませんでした。
ボチボチ出来たものから紹介してゆきます。

一枚目は慶良間諸島の無人島「前島」です。
ちょっと盛り上がった岩山がありましたので、上に登って撮りました。

水平線/Horizontal line

Leica CL & Voigtlaender Super Wide Heliar 15mm/f4.5
Fujichrome Velvia 100F

無人島へ行く船からの景色は、見渡す限りの海と空が最高です。
SWH15mmは角度を付けなければ歪まずキレイに写りますね。

慶良間諸島 前島/Maejima (Kerama Islands)

Leica CL & Voigtlaender Super Wide Heliar 15mm/f4.5
Fujichrome Velvia 100F

前島は岩山と珊瑚だらけのビーチ、森くらいしかないので、嫌でも海を満喫できます。
森の方から鳥の鳴き声が聞こえたので、FC-150直焦点を持ってくれば良かったと後悔(T-T)

慶良間諸島 前島/Maejima (Kerama Islands)

Leica CL & Voigtlaender Super Wide Heliar 15mm/f4.5
Fujichrome Velvia 100F

島の滞在時間は4時間あるので、海を満喫できます。

門/Gate

Leica CL & Voigtlaender Super Wide Heliar 15mm/f4.5
Fujichrome Velvia 100F

これは別の日ですが、首里城の外側の門です。
観光地なので、人が途切れず苦労しました。
本殿はSWH15mmの画角だと、どこかに人が入るので諦めました。

沖縄でSWH15mmをフィルム5本分使いましたが、思ったほど使いづらくはないです。
といっても、画角の広さに泣かされる事も多々ありました。
左手の指や自分の肩、帽子のつばが映り込んだり…(^^;;

画質は周辺流れや周辺減光がめだち、COLOR SKOPARと比べものになりませんが、この画角は楽しいです。
レンズの個性に負けないように頑張らないといけませんね。

あわせて読みたい関連記事:

Comments

4 Responses to “Super Wide Heliar 15mm/f4.5で撮る沖縄”

  1. SEINO
    7月 28th, 2012 @ 10:28 PM

    おお、いいですねぇ。
    超広角もおもしろいですね。
    自分もやってみようかなぁ。
    沖縄の雲がレンズの画角にマッチしてますね。

  2. たけ
    7月 30th, 2012 @ 10:01 AM

    SEINOさんコメントありがとうございます。

    露出になかなか苦労しますが、超広角は楽しいです(^^)
    風景を撮るだけのレンズかと思っていたのですが、人物を入れたり近景を撮ったりすると、他レンズとの違いがよくわかって面白いです。

  3. uehara
    8月 3rd, 2012 @ 3:58 AM

    広角巧いじゃないですか〜〜。ぼくはフィルムでは20mm以下はほとんど使いませんが、ここまでビシッと決まった構図は…いいなあ。しかもレンジファインダーで決めちゃう。
    特にラストカットの門はガツンときますね。最近はフィルムで使うレンズが(いやデジタルでもw)標準域ばっかりなので刺激になりました。夏は超広角ですねえ。

  4. たけ
    8月 3rd, 2012 @ 2:58 PM

    お褒めいただいてありがとうございます。
    このレンズにはまだ慣れておらず、試行錯誤中ですが超広角の楽しさは分かりました。
    これから使い込んでいきたいです。

Leave a Reply





  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最新のコメント

  • SDA王滝(仮)

    SDA王滝2015年9月大会まであと
  • 購読