銀座路地巡り その3

Posted on | 9月 5, 2012 | 2 Comments

この記事は 2分47秒程度で読めます。

エレベーター/Elevator

Leica CL & Voigtlaender Nokton Classic 40mm f1.4
Kodak PORTRA 400

Norisuke’s Eye」のふくいのりすけさんに銀座を案内頂いた時の写真その3です。
前の記事も合せてお読みください。

 

 

銀座 奥野ビル/Okuno Build. in Ginza

Leica CL & Voigtlaender Nokton Classic 40mm f1.4
Kodak PORTRA 400

アンティークな佇まいを見せる奥野ビル。昭和7年(1932年)竣工ということで80年前ですね。
1枚目の写真はこのビルのエレベーターです。手動ドアの珍しいエレベーターです。

廊下/Corridor

Leica CL & Voigtlaender Nokton Classic 40mm f1.4
Kodak PORTRA 400

期待を裏切らず、中もレトロな雰囲気です。
昔はアパートだったようですが、今はギャラリービルのようになっています。

ギャラリー/Gallery

Leica CL & Voigtlaender Nokton Classic 40mm f1.4
Kodak PORTRA 400

いくつかギャラリーを覗きました。
これは「江波 信」さんのギャラリーで、さまざまな水平線を描かれた心象風景画を展示していました。
モノクロなので伝わりませんが、淡い色合いで幻想的な絵でした。

ロボット/Robot

Leica CL & Voigtlaender Nokton Classic 40mm f1.4
Kodak PORTRA 400

雑貨屋の入り口もアンティークな飾りで雰囲気満点です。

銀座路地巡りはこれで終了です。
フィルム1本なので少しさみしい気もしますが、次回のお楽しみとしましょう。

ほぼ初出動のVoigtlaender Nokton Classic 40mm/f1.4でしたが、この1日でだいぶ慣れて今ではすっかりメインレンズとなっています。
シングルコートなので逆光には弱いですが、良く写るレンズで使いやすいです。

「オールドレンズで遊ぼう」というブログ名的には、もっとオールドレンズを扱わないとダメですね。
50mm f1.5クラスを使いたいのですが、Leica CLでは基線長が短く開放が厳しいので手を出せていません。

などと考えると、HEXAR RF辺りが欲しくなってきます。
本当に物欲はつきませんね。カメラ道恐るべし…。

あわせて読みたい関連記事:

Comments

2 Responses to “銀座路地巡り その3”

  1. kurome
    9月 8th, 2012 @ 12:40 AM

    ますます銀座裏にいってみたくなりました。
    涼しくなったら、小さいカメラを持って歩いてみよう。
    「その3」を見ながら、アンドレ・ケルテスを思い出しました。

  2. たけ
    9月 8th, 2012 @ 9:15 AM

    kuromeさんコメントありがとうございます。

    アンドレ・ケルテスとはおそれ多いですが、銀座の良さが少しでも伝わって良かったです。
    ぜひとも行ってみてください(^^)

Leave a Reply





  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最新のコメント

  • SDA王滝(仮)

    SDA王滝2015年9月大会まであと
  • 購読