カーボンリジッドフォークで初トレイル IN 箕面

Posted on | 2月 25, 2014 | 4 Comments

この記事は 5分41秒程度で読めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2月の山チャリは箕面に行ってきました。
勝尾寺まで舗装ヒルクライム後に林道という構成ですので、前回の風吹岩と違ってライトな内容になる予定でした。
カーボンフォークのシェイクダウンも兼ねています。

でも、ふたを開けてみると…。
 

 

今回は家から割と近い箕面ということで、自走でのアプローチとなりました。
大阪市から吹田市に入り、阪急電鉄沿いに千里丘陵を登ってゆきます。緩い登りでなんということないのですが、箕面市に入ったところで足攣り発生(T-T)
サプリ補給&マッサージで凌ぎます。

ほどなく、関西ヒルクライムTT 勝尾寺コースのスタート地点です。
4.4kmを速い人は11分台で登るみたいですね。
「参考程度に見てみよう」ということで、サイクルコンピュータのラップボタンをポチ!

計測開始しましたがすぐに足攣り復活!太もも前部が攣ります。後輩に先に行ってもらいマッサージします。

しばらくほぐした後で走り出しますが、100m経たずに失速する有様で何がどうなっているのか分かりません。一番軽い26Tx40Tというギア比でも50rpmを維持できません。上手く言えませんが足に力が入らない感じです。

無理矢理ペダルを踏んでいると、今度は太もも後部が攣り、ドリンクがぶ飲みしコムレケアを服用してまた走り出します。
違う部位を使おうと姿勢を変えたり、立ちこぎで頑張ると今度はふくらはぎが…。連鎖反応のように色々な筋肉がボイコットです(T-T)

まだ登りはじめ1km位しか進んでないのに身体が言うことをきかず、勝尾寺までたどり着ける気がしません。リタイアした2013年秋SDA王滝を思い出します。

 

「何かがおかしい…」

 

呆然と立ち尽くしていると、ふと閃きました。

「これってハンガーノック?」

そういえば、今朝は時間が無くて朝食抜きでした!
カバンを開けて、シリアルバー&スポーツ羊羹&カロリーメイトを一気に食べ、しばらく休むと足攣りで痛いですが力は出てきました。

両足上下とも攣ったあとなのでメチャクチャ痛いですが、何とか勝尾寺まで到着。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
後輩も似たようなもので、僕より10分早い位での到着だったそうです。
やっぱり朝ご飯は大事ですね。

キャプチャ
このLAP2が今回の勝尾寺ヒルクライムの成果です。
70分も掛かり、その半分は足攣りで悶絶です。ボロボロですね…。

 

疲れた後はメシ! 勝尾寺のレストラン?で昼食です。
写真
勝尾寺弁当1280円也。 もう少しボリュームが欲しい所ですね。

 

腹ごしらえのあとは、勝尾寺正面にある石段を登ってトレイルに向かいます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
かなり激しい登りです。ここをヒーヒー言いながら押してゆきます。
距離自体は400~500メートルほどでしょうか、ほどなく登り切り、乗れそうな道が出てきました。

この道は昔の参道らしく、「階段~土~階段…」 というように断続的に階段がありますので、なかなか乗りづらいですね。
木の根も多く、サスペンションのないフルリジッドではとても気を使います。

途中で休憩中のMTBerな方々と出会いました。
あまりに路面状況が悪いので、この調子が続くのか聞くと、

「この先は少しマシになるけど、階段多いからなぁ」
「リジッドやもんね…。頑張れば乗れなくはないよ」

とのこと。気合いで頑張るしかないですね(^^;;

階段や木の根エリアなど怖いところもありますが、尾根道は乗りやすくて最高です!
後半では急な傾斜でない限り、階段も乗車で下りました。

 

あかん、リジッド楽しすぎる(^-^)

 

路面からの衝撃がすごいし、サス付きだとクリアできる場面で停車したりしますが、なんか楽しくてワクワクします(^^)
暴れ馬に乗っているような気分になります。
荷重移動が上手くいったときはスムーズに乗り越えられ、結果がダイレクトに返ってくるのが良いですね。

TRIGONカーボンフォークが折れないか不安でしたが、全くそのような気配もなくとりあえず大丈夫そうです。慣れると結構走れそうな印象です。
そうこうするうちに林道終点に到着です。楽しい時間はすぐに終わりますね。
帰路も足攣りに悩まされましたが、何とか無事に帰宅できました。

 

ビビリながら乗っているので、ショボイですがトレイルでの動画です。

初ロングライドとなったTRIGONカーボンフォークですが、使ってみてかなり気に入りました!

  • とにかく軽い!登りが楽! (足攣りでしんどかったけどw)
  • 振動吸収性が高く、舗装路を走るときの振動があまり手に伝わらない
  • 連続したギャップでサスがついてこず前転、という事が無い
  • 立ち漕ぎしても沈まない

月並みですが、これは大きなメリットだと思います。
サスフォークと比べてデメリットもありますが、ノンビリ走るならリジッドの方が楽しいです。今のところは大満足です。
もっと走り込んで腕を磨きたいと思います。

さて、来月はどこにいこうかな?
勝尾寺でヒルクライムのリベンジが先か(笑)

あわせて読みたい関連記事:

    image (3)

    目指せ10KG切り!の妄想でアレコレ妄想していたら、いつの間にかカーボンフォークが手元にありましたw NINERではなく、TRIGON の「MC-10A」です…

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    業務で忙しい中、9月の連休は死守してSDA王滝に行ってきました。 初レース、初自転車イベントでワクワクでしたが…。     9/13(金)…

    先日軽くメンテしたYASHICA ELECTRO 35 GLにネガを詰めてテスト撮影しました。レンズと絞り優先EEの挙動はどうでしょうか。1枚目の提灯は綺麗に写…

    title

      9月15日開催のSDA王滝 100kmに申込しました。 ああ、ついにやっちゃった…。 もう後戻りはできませんね(^^;; 100kmに出ると決め…

    GWに愛媛へ帰省しました。 息子の体調がすぐれず様子をみたので、5/4出発、5/5帰宅というとんぼ返りです。 カメラ一式を車に積み込んで行ったのに、何も撮る時…

Comments

4 Responses to “カーボンリジッドフォークで初トレイル IN 箕面”

  1. ARA!
    2月 26th, 2014 @ 9:24 AM

    やはり腕を磨くにはリジットマシンが最適なんですね~。
    今は29erのフルサスという、スーパーロイヤルサルーン状態の私ですので、シンプルなマシンで腕を磨かなきゃ!

  2. たけ
    2月 26th, 2014 @ 5:01 PM

    ARA!さま

    コメントありがとうございます。

    リジッドが最適化どうかは、僕の技術向上次第です(^^;;
    ですが、スピードゆっくりでもスリル満点でめちゃ楽しいですよ。
    テクや体力はおいといて、予想以上に良かったです♪

    僕はスーパーロイヤルサルーンを知らないので、逆に知ってみたいです(^-~)

  3. めがねカッパ
    2月 28th, 2014 @ 10:35 PM

    こんばんは。

    楽しそうなトレイルですね~
    カーボンフォーク・・素晴らしい響きです!羨ましい。
    それから美味しそうなお弁当。食べることが大好きな私は
    チャリ&グルメが最高の組み合わせです。
    改めてですが、たけさん、背がお高いですね!

  4. たけ
    2月 28th, 2014 @ 10:47 PM

    めがねカッパ様

    コメントありがとうございます。
    箕面は初めてだったのですが、かなり気に入りました。
    リジッドでは厳しい場面も多いですが、とても楽しめました(^-^)

    僕もチャリ&グルメなので、なかなか体重を落とせません(^^;;

    >改めてですが、たけさん、背がお高いですね!
    めちゃ29er向けの体格です。
    ですがウェイトあるので登りは苦手です。

Leave a Reply





  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最新のコメント

  • SDA王滝(仮)

    SDA王滝2015年9月大会まであと
  • 購読